結婚式2次会・幹事代行のネクストステージ|大阪・神戸・京都・広島・福岡・名古屋

ネクストステージ(2次会代行)
  • 業界初!定額制
  • 98,000円(税抜き)のみ!
  • 年中無休
  • 電話受付 12:00〜21:00

| HOME |会社概要 | お問い合わせ |

結婚式三次会幹事の役割とは

幹事の仕事とは

幹事の仕事とは

結婚式に参加するゲストの中には新郎新婦から役割を与えられることがあります。
例えば、挙式から披露宴の受付、二次会の幹事などです。
基本的には新郎新婦と親交の深い人が任命されるでしょう。
また、二次会が早く終わると三次会も開催されるケースが多いですが、そのときは二次会の幹事がそのまま三次会も引き続きまとめる役割を任されることが多いです。
場合によっては新しく頼まれることもありますが、当日の流れで決まるためどのような役割を果たせばいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。
三次会での幹事の仕事は、会場を決めて参加者を誘導し、会費を集めるなどが一般的です。
その参加者に声をかけて集めるのも幹事が行いましょう。
特別、ゲームや企画を用意する必要はありません。
楽なように見えて、その場の雰囲気で決断していかなければならないため、意外に大変だと感じる人が多いようです。

スムーズに進めるポイント

スムーズに進めるポイント
事前に三次会の開催を予定しているのであれば、会場の選定や人数の把握、会費を決めておくと当日は楽かもしれません。 会場の選定には、大体の人数がわからなければ決めにくかったり、会費がわからないとゲストも参加するかどうか迷うため、まず最初にある程度の予算を決めておくといいでしょう。
挙式から全て参加しているゲストは、ご祝儀や二次会の会費で金銭面を気にする場合が多いです。
さらに遠方から出席した人は交通費や宿泊費もかかります。
そのため、できるだけお金がかからないように予算を決めることが大切です。
ご祝儀では3〜5万円、二次会の会費で8000円程度であるため、三次会は2、3000円が妥当ではないでしょうか。
この予算であれば出席しやすいでしょう。
予算が決まったら、招待する人に声をかけていきます。
大人数であればカラオケ、ボーリングなどがおすすめです。
少人数の場合はホテルのラウンジでお茶を飲んだり、軽食と飲み放題付きのBARでゆっくり楽しむのも一つの方法です。
ある程度、会場の候補を挙げておき、あとはその場の雰囲気で決めるのもいいでしょう。

一覧へ

  • フラッシュモブ演出に対応しています!
  • 披露宴を安くするためのノウハウをお教えします!
  • 知ってトクする!幹事さんのお役立ちコラム
  • 結婚式の豆知識

心をアツくさせる舞台の創造

NEXT STAGE

大阪市旭区新森4丁目19-10
TEL:0120-73-1021TEL:0120-73-1021

ご質問・ご不明点はお気軽に
お問い合わせください。
電話受付 12:00~21:00

電話番号0120-73-1021電話番号0120-73-10210120-73-1021
お問い合わせフォーム
pagetoppagetop