結婚式2次会・幹事代行のネクストステージ|大阪・神戸・京都・広島・福岡・名古屋

ネクストステージ(2次会代行)
  • 業界初!定額制
  • 98,000円(税抜き)のみ!
  • 年中無休
  • 電話受付 12:00〜21:00

| HOME |会社概要 | お問い合わせ |

結婚式三次会の費用の出し方

結婚式三次会の費用の出し方

三次会の費用について

三次会の費用について
結婚式の三次会では、費用の出し方について迷う人も多いのではないでしょうか。
三次会の費用の出し方は、決まりや正解というものはありません。
様々なスタイルがあるため、その場の雰囲気に合わせて費用の出し方を決めるようにすると良いでしょう。
ゲストはご祝儀や披露宴の会費、二次会の参加費を支払います。
三次会も新郎新婦の分をゲストが負担したいと考える人もいれば、結婚式のお疲れ様会を兼ねて、プチパーティーをするという考えもあり、割り勘でも良いと思う人もいるでしょう。
人それぞれの考えがありますが、新郎新婦から三次会の費用をもらおうと言い出す人は少ないようです。
その理由は、新郎新婦をお祝いするための会だという考えを持っている人が多いからかもしれません。
なかには、三次会以降も四次会、五次会を開催し、朝まで飲んだりする場合は、割り勘でも良いという人も多いです。

ゲストと新郎新婦が納得できる方法を考えよう

ゲストと新郎新婦が納得できる方法を考えよう
結婚式三次会の参加人数によっても、費用の出し方が異なります。
例えば、30人以上であれば新郎新婦の分を負担しても、大した額にはなりませんが、少人数で開催する場合や、一人一人の負担額が多い場合は、新郎新婦から少し出してもらうこともあるでしょう。
結婚式や披露宴では、新郎新婦の負担が大きいので、三次会の費用の出し方は
ゲストと新郎新婦が、どちらも納得できる方法を検討します。
三次会をどのような趣旨で行うのかを考えてみるのもおすすめです。
同窓会なのか、幹事と新郎新婦のお疲れ様会なのか、結婚の宴の続きなのかなど、決めておくと費用の出し方もイメージがつきやすいでしょう。
ゲストが新郎新婦の目線になって考え、反対に新郎新婦がゲストの目線になって考えることが大切です。
費用の出し方以外にも、四次会、五次会を開催する場合は、ゲストも新郎新婦も無理をさせて付き合わせるようなことをしないように注意しなければなりません。
自分の考えやルールがある人も少なくありませんが、新郎新婦を祝福する日であるため、相手を思いやりつつ、自分も楽しめるような会にしましょう。

一覧へ

  • フラッシュモブ演出に対応しています!
  • 披露宴を安くするためのノウハウをお教えします!
  • 知ってトクする!幹事さんのお役立ちコラム
  • 結婚式の豆知識

心をアツくさせる舞台の創造

NEXT STAGE

大阪市旭区新森4丁目19-10
TEL:0120-73-1021TEL:0120-73-1021

ご質問・ご不明点はお気軽に
お問い合わせください。
電話受付 12:00~21:00

電話番号0120-73-1021電話番号0120-73-10210120-73-1021
お問い合わせフォーム
pagetoppagetop